柿渋染めの二つ折り財布・小銭入れ付き(販売終了)−財布市場
 

柿渋染めの二つ折り財布・小銭入れ付き(販売終了)

財布市場ご注文フォームは一番下にあります。   ご注文フォームまで移動する

時間の経過が茶の陰影に現れる!
   使うほどに魅力深まる伝統素材!



「柿渋」は広い用途で使われており、日本古来から漁網(防腐)、酒袋(染色)、和傘(防水)、漆器(下地)など、日本人の生活に幅広く利用されてきました。

「渋」とは、一般的にタンニンのことを言います。
このタンニンとは、樹皮や未熟な果実などから抽出される成分(水溶性化合物)のことで、多くの種類を持つポリフェノールの中のひとつです。
タンニンにはいくつかの種類があります。栗の渋皮から抽出される栗皮タンニン、ミモザの樹皮から抽出されるミモザタンニンなどありますが、カキタンニンは渋柿の実を搾って抽出されるものです。
柿渋には、ワインの10倍以上、緑茶の15倍以上の濃度でポリフェノールが含まれています。

タンニンという名前の由来について
皮革製品を作る際に、動物の皮を「なめす(tannig)」ために使われることから来ています。昔から皮のなめし剤としてや、染料・生薬などとしても使われてきました。

化学塗料の普及が多い中、近年、環境汚染が課題となり、自然志向への流れが強まり、天然染料・塗料の柿渋が注目され、様々な用途での利用が見直されております。
住宅・建築関連の雑誌で「柿渋 自然塗料ならではの色合い」「柿渋の復権 自然・素材・住宅を考える」などと住宅における塗料としての利用や、柿渋を塗った濾(ろ)紙を室内に設置する事により、ホルムアルデビド濃度を低下させる吸着材として効果のある事が分かり、室内環境汚染物質の除去という点からも注目をあびています。
また、最近では口臭、体臭の悩みを持つ方や加齢臭が気になる方から注目され、防臭効果の高い、柿渋石鹸や、柿渋歯磨き、柿渋シャンプーなどよく耳にすることがあると思います。
家庭用手工芸への需要も広がり、草木染、藍染に続いて柿渋染めが一つのブームになっています。


さて、この柿渋染めについて
日本に古くから受け継がれている伝統的染物
なぜ、柿渋染めが使われたのか?
私たちの先人は、柿の果汁が空気に触れると硬化して被膜をつくることを知り、身のまわりの道具に塗ると防水効果があり、カビを生えにくくなり、固い被膜によって耐久性が増すことを発見しました。同じような効果を持つ漆は採取される樹液の量が少なく高価な材料であり、皮膚がかぶれることもあり、加工には高度な技術が必要です。一方、柿渋は近くの野山で柿を採ってつくることができ、その扱いも塗ったり浸したりと簡単であったため、広く庶民に使われていました。

渋柿の実を青いうち(もっとも渋みが強い時期)に採取して、砕いてろ過します。このしぼり汁を冷暗所で1〜3年ねかせて熟成させます。

タンニンを一番多く含む8月末〜9月初めの渋柿。


熟成された液体を牛革に一枚一枚刷毛で染色し天日に干す、この作業を数回繰り返すことで、やさしい風合いに仕上がります。


陰陽と自然なムラ感が、天然染めらしい独特な雰囲気を演出


自然素材にこだわり、伝統技術・匠の技で生み出された

「柿渋染めシリーズ」

「和」の奥深い色合い 日本の伝統染め
を是非お試しください。
世界に一つ、“自分だけのもの”
へと育てあげてください

※PCのモニターの設定等により、実物と多少色合いが異なる場合がございます。


天然木を思わせるこの革には、日光を浴びると色目が強くなり、
飴色に変化していく
という柿渋の特徴でもある発色の変化がありますので、
手触りの変化色の変化を同時に楽しめます。
変化を楽しんでいくうちに、愛着が増すこと間違いなし!ですよ。


後ろの商品は、1年経過したものです。まだまだ変化していきます。色の変化には違いがはっきり表れる商品です。
(写真の商品は名刺入れです)
注)お届けする商品には、革の色に濃い色・薄い色があります。それは革には個体性があり部位によって均一でない事、また染める過程で季節や天候に左右される事があるからです。あらかじめご了承ください。

シンプルで使いやすい二つ折り財布です。

カードポケットが4つあります。
カードポケットの横には、1か所のフリーポケット付き。


更に札入れの内部に隠しポケットが2つ、クレジットカードがちょうど入る大きさです。(名刺サイズは入りません)


小銭入れ、札入れ、カード入れの裏地は麻を使用し「和」のテイストを一層高めています




小銭入れの後ろには、2か所のフリーポケット付き。


小銭入れはボタン留め、笹マチ付きで大きく開き、見やすく取り出しやすいです。


■材質 [表革・中革] 牛革 [裏生地] 麻
■サイズ(約) タテ 9.3cm×ヨコ11.3cm×厚さ2.4cm
          タテ 9.3cm×ヨコ21.3cm(見開き)
■仕様 札入れ×2、小銭入れ×1、カード入れ×6、フリーポケット×3

ご注文フォームまで移動する


▼   財布の感想 この商品を購入されたお客様の声[ 新着順 ] 財布についての感想   ▼

今回初めての購入です。
新商品の柿渋染めを注文させて頂きました。。
柿渋って聞きなれない言葉でしたが、実際届いて
商品を見ると「懐かしさと新しさ」2つを兼ね添えた
商品ですね!
古き良き時代と柿渋染めの不思議な手触りと質感を
感じました。
革って長く使用しているとお金のにおいがつきます。
これなら、においが気にならないです。
友人に勧めようと思います。

  [ ヨーゼフ 様 : 2013年07月05日 16:58 ]
財布の感想 感想を書き込む

柿渋染めの二つ折り財布・小銭入れ付き(販売終了)

柿渋染めの二つ折り財布・小銭入れ付き(販売終了)

財布市場のお支払い方法

柿渋染めの二つ折り財布・小銭入れ付き(販売終了)

商品番号[ 001346 ]
通常価格38,880円のところ・・・
今なら30%OFF!!27,210
【送料無料・代引手数料無料・プレゼント包装無料】
30%OFFセール は、販売数が一定数に達した時点で終了となります。
現在、発送日は 月・水・金のみです。ご注意ください。
メールでのご注文  メール・FAXでのご注文はこちら  FAXでのご注文

ご注文方法 ご注文方法  お支払い方法 お支払い方法  配送・返品について 配送・返品について  会社概要 会社概要  キャンペーン情報 キャンペーン情報

「伝統技術「柿渋染め」本牛革」シリーズの他の商品を見る 「伝統技術「柿渋染め」本牛革」シリーズの他の商品を見る
他の「二つ折り財布(小銭入れ付き)」を見る 他の「二つ折り財布(小銭入れ付き)」を見る
店長にメールで質問する 店長にメールで質問する

このページの一番上に戻る
 

サイトマップ
財布市場のトップへ戻る


Copyright(C) 2005 E.R.C.財布市場 All rights reserved.
最終更新日時:2017年10月11日(水) 9時58分