革財布日記:生成りヌメ革はどの位焼けば良いですか?
財布市場のトップへ 財布市場のトップへ戻る Yahoo!ブックマークYahoo!ブックマークフィード(RSS2.0)フィード(RSS2.0)
財布、長財布、キーケース、名刺入れ、カードケースなら 革 財布
財布専門店、『財布市場』店長の日記
革財布日記トップ  > よくあるご質問(FAQ)  > 

生成りヌメ革はどの位焼けば良いですか?


2007年07月26日

生成りヌメ革はどの位焼けば良いですか?

日の光を浴びて色が変化していく生成りヌメ革の財布。

どの位の期間日に当てればよいのでしょうか

今日は、その質問にお答えいたします


生成りヌメ革シリーズは、人工的な染料や塗料で仕上げをしていない、自然な状態の革です。

 生成りヌメ革とは?

 

新品の状態では、肌色をしており、日の光を浴びて、徐々に濃い色に変化していきます

最終的には、綺麗なキャメル色になります。

また、色の変化に伴い、表面の強度も増していきます。

 

開封後にいきなり使用すると、キズが付いたり、色が不均等になる恐れがあります

カバンにいれて丁寧にご試用いただけば、それほど気にすることはありませんが、ポケットに入れて持ち歩く場合などは、ある程度日に焼いてからのほうが安心です

その意味で考えれば、1週間も焼けば十分でしょう。

 

その後は使用していくうちに、自然に濃い色に変化していきます。

およそ、開封から3週間もすれば、ほぼ最終的なキャメル色に変化します。

ただし、気象条件や使用状態にもよりますので、一概には言えません

財布市場へ 財布市場に戻る 財布市場へ

最終更新日時:2017年04月03日(月) 12時48分
Copyright(C) 2005 革財布日記 All rights reserved.