革財布日記:メンズ・レディースの区別はありますか?
財布市場のトップへ 財布市場のトップへ戻る Yahoo!ブックマークYahoo!ブックマークフィード(RSS2.0)フィード(RSS2.0)
財布、長財布、キーケース、名刺入れ、カードケースなら 革 財布
財布専門店、『財布市場』店長の日記
革財布日記トップ  > よくあるご質問(FAQ)  > 

メンズ・レディースの区別はありますか?


2007年08月06日

メンズ・レディースの区別はありますか?

財布市場の財布は、男性用(メンズ)・女性用(レディース)の区別はありますか

というご質問にお答えします

結論から言えば、原則として区別は無いのですが・・・。


財布市場では、それぞれの財布について、男性用・女性用という区別を決めておりません

そもそも、財布やパスケースの使い方に男女差があるとは思えません

強いて言えば、ズボンの後ろポケットに入れて持ち歩く方のほとんどが男性であるとか、保管・携帯の環境が異なる場合もありますが、それも一概には言えません

そこで、当店財布市場では、なるべく様々な大きさ・形状の財布をご用意いたしまして、お客様ひとりひとりに合った財布をお選びいただけるように努力しております。

ただ、統計的に男性に人気の財布や、女性に人気の財布というのはもちろんありますので、ここではその傾向をご紹介いたします

 

コードバンorスキミング防止コードバン

どちらかと言うと、男性に人気の商品です。クロとチョコの2種類があり、チョコのほうは、女性にも人気が高く販売数は同じくらいです。クロを購入される方は、7割以上が男性ですが、私の個人的な意見を申し上げれば、クロのコードバンを女性が持つのはかなりカッコイイと思うのですが・・・。

生成りヌメ革

ファスナー式の財布や、がま口などは女性に圧倒的な人気があります。その他、全体的に女性の方が多いようです。ただし、二つ折り財布や名刺入れは、男女同数程度となっています。

クロコダイル

全体的にやや男性寄りですが、長財布は女性にも人気があります。コードバンなどは、クロは男性でチョコは女性という傾向があるのですが、クロコダイルに関しては、色ごとに顕著な傾向はありません。

ポニー革

これはかなり女性のお客様が多くなっています。名刺入れなどは男性が多いですが、全体的には、軽くて柔らかいという特徴があるので女性のお客様に支持います。

鹿革

こちらは男性に圧倒的な人気のある商品です。独特の弾力性があり、フィット感が良いため、背広やズボンのポケットに入れたときに快適なことが要因だと考えます。

牛革

様々な形状があるので、一概には言えません。男性・女性というよりも、まさにひとりひとりの価値観次第ですね。

 

以上、財布の素材ごとに傾向をまとめてみました。

 

ただ、店長としてアドバイスさせて頂きますと、あまり男性向け・女性向けという概念にこだわらないほうがいい買い物が出来ると思いますよ

そもそも、商品を男性用・女性用に分ける理由は、デパートや百貨店で販売するために生まれた文化(?)なのです。

デパートでは、フロアごとに「メンズのフロア」「レディースのフロア」などと分けられていますよね

それは、客層ごとに区分けすることにより、「ついで買い」を促し、売上をアップさせるための販売戦略の意味合いが強いのです

例えば、「財布だけのフロア」を作っても、同じ人が財布を2つも3つも買うことは少ないので、「ついで買い」が期待できません

一方、女性用の財布を販売する店のとなりに女性用の靴屋さんがあれば、「ついで買い」が期待できます。

その効果を狙って、デパートは客層による区分けを行なっていて、その区分けを行なうために、あらゆる商品が「男性用」「女性用」に分けられているのです。

でも実際には、先ほどもお話したように、財布などは男性・女性に使い方の差などはほとんど無いのです

 

「場所」という概念がないインターネットショップでは、この「デパート文化」は意味がありません。

ですから、財布市場の財布は男性用・女性用という区別をしていないのです。

全ての財布が男女兼用だと考えてください。

というよりも、そもそも、財布とはそういうものだと思います

 

【 注意 】

私(店長)は、文章の中でデパートや百貨店を引き合いに出すことが多いのですが、別にデパートに恨みがあるわけでもありませんし、小馬鹿にしているわけでもありません。

(実際、私もしょっちゅうデパートで買い物しています)

長年デパート主体で育ってきた既成概念にとらわれない店作りを目指していることは確かです。

インターネットで買い物をされるお客様には、必ずその理由があるので、お店としてもインターネットのメリットを最大限に利用したサービスをご提供する必要があります。

そのために、既成概念をなるべく捨てた発想が大切かと考えています。

財布市場へ 財布市場に戻る 財布市場へ

最終更新日時:2017年04月03日(月) 12時48分
Copyright(C) 2005 革財布日記 All rights reserved.