革財布日記:ポケットに入れるのに適した財布は?
財布市場のトップへ 財布市場のトップへ戻る Yahoo!ブックマークYahoo!ブックマークフィード(RSS2.0)フィード(RSS2.0)
財布、長財布、キーケース、名刺入れ、カードケースなら 革 財布
財布専門店、『財布市場』店長の日記
革財布日記トップ  > よくあるご質問(FAQ)  > 

ポケットに入れるのに適した財布は?


2007年11月16日

ポケットに入れるのに適した財布は?

男性のお客様を中心に、ズボンや上着のポケットに入れるのに適した財布はどれですか?

というお問い合わせを頂きますので、お答えいたします

財布の形状に関する話と、革の材質に関する話を分けて書きます


 財布の形状について

基本的には好みの問題ですし、当たり前のことなのですが・・・

ズボンの前ポケットに入れるなら、二つ折り財布がおすすめです

長財布ですと、はみ出てしまいます

逆に、スーツの内ポケットに入れる場合は、長財布でしょう

二つ折り財布ですと、厚みがあり、かっこ悪くなってしまいます

長財布を後ろポケットに入れる男性の方もいらっしゃいますが、それはまあ、お好みでしょう

ラウンド財布(ファスナー財布)は、ポケットに入れるには大きすぎると思います。

ズボンの種類にもよりますが、ピチッとしたジーンズだと苦しいでしょう

 

 革の材質について

これが、この話の主題ですね

ポケットに入れると、バッグに入れる場合と比べて、どんな心配があるのか考えてみましょう

ひとつは体の動きに合わせて変形するということです。

財布に使用される革は、ほとんどが複層構造になっていますので、過度の変形を繰り返すと、層ごとが分離して「浮き」と呼ばれる現象が起こる場合があります

可能性は高くないですが、もしそうなった場合には、修復のしようはありません。

しかし、単層構造の革もあります

当店のコードバンは単層構造ですので、「浮き」が生じることはまずありません。

その意味では、コードバンの財布をおすすめしています

 

ポケットに入れることは、もうひとつ心配事があります。

汗など、湿気の問題です

本革には湿気は大敵ですが、革によって差があります。

クロコダイルの革は、もともと水生生物だけあって、湿気には比較的強いようです

また、鹿革は、通気性が良いため、湿っても早く乾かすことができ、その点で有利になります。

 

変形と湿気、使い方によって、どちらに比重を置くべきかは代わりますので、上記を参考にお選びいただければと思います。

財布市場へ 財布市場に戻る 財布市場へ

最終更新日時:2017年04月03日(月) 12時48分
Copyright(C) 2005 革財布日記 All rights reserved.