革財布日記:ボックス型小銭入れの特徴は?
財布市場のトップへ 財布市場のトップへ戻る Yahoo!ブックマークYahoo!ブックマークフィード(RSS2.0)フィード(RSS2.0)
財布、長財布、キーケース、名刺入れ、カードケースなら 革 財布
財布専門店、『財布市場』店長の日記
革財布日記トップ  > よくあるご質問(FAQ)  > 

ボックス型小銭入れの特徴は?


2008年01月20日

ボックス型小銭入れの特徴は?

当店「財布市場」には、ボックス型の小銭入れが付いた財布がありますが、通常(?)のポケット型の小銭入れと悩んでしまうお客様が多いようですので、それぞれの特徴をご紹介いたします

ご参考になれば幸いです


まず、それぞれの小銭入れの写真をご覧ください

本革 財布ボックス型の小銭入れ

(この商品は、仕切り札入れのボックス小銭入れ付き財布です。)コードバン 二つ折り財布ポケット型小銭入れ

(この商品は、スペイン産コードバンの二つ折り財布・小銭入付きです。)

 

ポケット型小銭入れの方が一般的だと思いますので、ボックス型小銭入れの特徴を、ポケット型小銭入れと比較する形でお話いたします。

 

ボックス型小銭入れのメリットは、なんと言っても小銭が探しやすいことです

パカッとフタを開けて、ちょっと揺すれば中の小銭が一望できますので、素早く小銭を探すことができます。

例えば、寒い時期に自動販売機の前で大活躍します

 

一方で、デメリットもあります。

フタを閉めたとき、ボックスの側面の革が折りたたまれる形になりますが、構造上、どうしても隙間ができます

ここから小銭がチョロっと出てくる場合があります

普通に使用する分には問題ありませんが、財布をポケットに入れたままダッシュしたり、フットサルをしたりすると、稀に小銭がこぼれることがあります。

(その場合はポケットの中にこぼれるだけなので損害はないと思いますが・・・。)

 

小銭の容量としては、形状による差はありません

ただし、たくさんの小銭を入れた場合には、ボックス型小銭入れのほうが、多少財布が膨らみやすいのは事実です。

 

一般的には、実際に使うところを想像して、単純に使いやすいほうを選んでいただければ問題はないと思います。

電子マネーが普及してきていますので、小銭を使われる頻度や持ち歩く量は、人それぞれですので、ご自身のスタイルに合わせてお選びください。

 

 参考:二つ折り財布(小銭入れ付き) 一覧

財布市場へ 財布市場に戻る 財布市場へ

最終更新日時:2017年04月03日(月) 12時48分
Copyright(C) 2005 革財布日記 All rights reserved.