革財布日記:財布と季節の関係
財布市場のトップへ 財布市場のトップへ戻る Yahoo!ブックマークYahoo!ブックマークフィード(RSS2.0)フィード(RSS2.0)
財布、長財布、キーケース、名刺入れ、カードケースなら 革 財布
財布専門店、『財布市場』店長の日記
革財布日記トップ  > 財布市場店長の雑談  > 

財布と季節の関係


2007年08月14日

財布と季節の関係

今年は、連日猛暑が続いております

ふと、財布と季節の関係について考えてみたくなりました


ご存知のとおり、財布市場は、財布の専門店です。

財布というと、あまり季節に関係の無い商品のようですが、実は入荷量や出荷量に季節が関係しています

 

まず、財布の入荷量(生産量)ですが、夏は減少します

これは、製品化される前の原皮の保管出来る期間が短くなるため、多くの皮を確保できないためです。

皮は生ものですので、食品と同じように、暑い時期は腐るのが早いのです

(もちろん、加工したあとの財布が腐ることはありませんので、ご安心ください

そのため、特定の財布にご注文が重なると、比較的品切れになりやすい時期だといえます。

 

ただし、出荷量(ご注文量)も、夏の方が少なくなります。

これは、季節や気候というよりも、イベントが少ないことが原因でしょう

日本人にとってのお祝い事は、秋・冬・春に多く、夏は少ないからです。

敬老の日、クリスマス、入社入学、父の日、母の日、父の日などは、財布をプレゼントされる方からのご注文が多くなりますが、夏はあまりそういったイベントがありません

 

入荷量の少ない夏に、出荷量が減るので、財布専門店という商売はバランスが良いのかも知れません。

ただ、例外として、お盆休みの直前にご注文が一時的に多くなります

これは不思議に感じているのですが、お盆で帰省するときに財布をお土産に持って帰る方が結構いらっしゃるのでしょうか

または、お盆休み直前で仕事が手に付かなくて、会社でインターネットをいじっている方が多いのかも知れませんね

財布市場へ 財布市場に戻る 財布市場へ

最終更新日時:2017年04月03日(月) 12時48分
Copyright(C) 2005 革財布日記 All rights reserved.