革財布日記:息子と新幹線:その1
財布市場のトップへ 財布市場のトップへ戻る Yahoo!ブックマークYahoo!ブックマークフィード(RSS2.0)フィード(RSS2.0)
財布、長財布、キーケース、名刺入れ、カードケースなら 革 財布
財布専門店、『財布市場』店長の日記
革財布日記トップ  > 財布市場店長の雑談  > 

息子と新幹線:その1


2008年07月02日

息子と新幹線:その1

 RIMG0307今日は、財布とは全く関係の無い雑談です

店長(私)の息子は2歳になりますが、新幹線が大好きです

先日、兵庫県の姫路まで行って、「0系新幹線」なるものを見に行きました(私は千葉県民です)

「0系新幹線」とは、昭和39年に東海道新幹線が開業したときに誕生した、最も古い形の新幹線です


息子の影響で新幹線について詳しくなってしまったので、ちょっと解説を続けます

0系新幹線は、1999年には東海道新幹線では廃止になり、2008年7月現在では、山陽新幹線で「こだま号」として、わずか3編成(バスに例えれば3台)が走っているのみです。

早朝や深夜の、乗客が少ない時間帯にこっそり走っているのです。

そして、2008年11月には、完全に引退することが決まっています

 

つまり、「あと数ヶ月で、走っている姿が一生見れなくなる」というわけで、それを知った私はなんとか息子にこの0系新幹線を見せようと、姫路まで行ったのです。

なぜ姫路かと言えば、ちょうど息子が起きる時間帯に停車する駅を時刻表で調べた結果です。

姫路に一泊し、翌朝無事に0系新幹線に出会うことができました

RIMG0312 ←息子と「0系こだま」

 

息子は、本でしか見たことの無い0系新幹線を目の当たりにして大興奮

私も始めてみたので、一緒に感動しました

RIMG0317 ←0系を凝視する息子

 

遠路はるばる来た甲斐がありました

財布市場へ 財布市場に戻る 財布市場へ

最終更新日時:2017年04月03日(月) 12時48分
Copyright(C) 2005 革財布日記 All rights reserved.